QueTek Consulting
BBB Credited Business   VefiSign Secured
BeyondSecurity.com - Secure Site  

誤って削除されたフォルダーやファイルに対するストラテジー


削除されたファイルは、新しく作成されたデータによって永久に上書きされてしまうまでは、回復可能です。 下の手順は、回復作業中に作成される新しいファイルの数を最低限に抑え、 回復に成功する確率を最大にします。

ブート ドライブから削除されたファイルに対する手順

ブート ドライブは通常は C: です。そこには [マイ ドキュメント] や [デスクトップ] などのフォルダーが含まれています。

  1. 最善の回復手順 (PC の熟練ユーザー)

  2. 起動できないコンピュータに対するストラテジー」を参照してください。

  3. 回復効率 95% の手順 (手間がかかりません)

    • 電子メール、インターネット ブラウザ、インスタント メッセージング、バックアップ、ウイルス対策、ローカル ドライブの検索エンジン、Windows の自動更新その他を含めて、すべてのプログラムを閉じます。
    • 問題のドライブ上で共有されているフォルダーをすべて無効にします。
    • 間接的なダウンロードとインストールの手順を使用します。
    • File Scavenger® Data Recovery を デモ モードで次のように実行します。

      [検索対象]: *
      [検索場所]: ブート ドライブ文字、通常は C:
      [検索モード]: [クイック]

      ブート ドライブで削除されたファイルをスキャン
      ドライブ C: を [クイック] 検索モードでスキャン

    • ファイルが見つかって、デモ モードでのプレビューが成功したら、別のコンピュータを使ってライセンスを購入し、見つかったファイルを別のドライブに保存します。

セカンダリ ドライブや外付けドライブから削除されたファイルに対する手順

  • 問題のドライブに書き込む可能性のあるプログラムを閉じます。 たとえば、問題のドライブに電子メール フォルダがある場合、電子メール プログラムをすべて閉じます。
  • ドライブ上で共有されているフォルダーをすべて無効にします。
  • File Scavenger® Data Recovery を  ダウンロードして、デモ モードで次のように実行します。

    [検索対象]: *
    [検索場所]: ドライブ文字
    [検索モード]: [クイック]


    セカンダリ ドライブや外付けドライブから削除されたファイルをスキャン
    セカンダリ ドライブや外付けドライブで削除されたファイルをスキャン

  • ファイルが見つかって、デモ モードでのプレビューが成功したら、ライセンスを購入して、見つかったファイルを別のドライブに保存します。

回復の成功率を下げる一般的な条件

ブート ドライブの場合

次の作業は新しいファイルをブート ドライブ上に作成して、失われたデータの回復を不可能にする可能性があります。

  • コンピュータの使用、特にメールやインターネット ブラウザの使用を続ける。
  • 実行中のプログラム (インスタント メッセージング、バックアップ、ウイルス対策、ローカル ドライブの検索エンジン、Windows 自動更新、その他) をそのまま実行し続ける。
  • File Scavenger® も含めて、新しいソフトウェアを問題のコンピュータのドライブのいずれかにダウンロードしたりインストールしたりする。 ダウンロードやインストールの場所を別のドライブに指定してもブート ドライブが間接的に使用されます。
  • ネットワーク上の他のコンピュータに、共有フォルダなどを介して問題のブート ドライブへのアクセスを続けさせる。
  • 同じドライブを保存先にしてファイルを回復する。 (詳細情報)
  • データを CD や DVD ドライブに書き込む。 ブート ドライブが間接的に使用されます。
セカンダリ ドライブや外付けドライブの場合

問題のドライブ上で新しいファイルを作成する操作、既存のファイルを変更する操作はすべて回復の成功率を下げます。


データ復旧のベスト プラクティスに戻る