QueTek Consulting
BBB Credited Business   VefiSign Secured
BeyondSecurity.com - Secure Site  

ディスク マネージャーが検出できないドライブに対するストラテジー


ドライブが Windows® エクスプローラーからアクセスできなくても、ディスク マネージャーに表示される場合、そのドライブは破損していても検出可能です。

ドライブがディスク マネージャーに表示されない場合、ドライブのハードウェアが故障している可能性が高く、その修理は高価です。

他に原因がないか確かめる

修理にそれほどお金が掛からない別のコンポーネントが問題の原因ではないことを確認してください。

  • USB ドライブの場合
    • 別のコンピュータに差し込んでみる。
    • ケースを開いて不完全な接続、ケーブルの不具合などがないか確認する。
    • 別の USB ケースに組み込んでみる。
  • 内蔵ドライブの場合
    • 別のディスク コントローラーに接続してみる。
    • 別のコンピュータに取り付けてみる。
    • USB ケースに組み込んでみる。

ハードウェアの症状を調べる

次のような症状や履歴があれば、ドライブのハードウェアに問題がある可能性が高くなります。

  • ハード ドライブのプレートに指を当ててもスピンの動きが感じられない (SSD には当てはまらない)。
  • クリック音がする。
  • 電源投入時のブート シーケンスでコンピュータの BIOS に検出されない。
  • 最近、床に落としたことがある。

データ復旧施設

ディスク マネージャーに検出されないドライブは、データ復旧施設に送る必要があるのが普通です。 料金は、2013 年 7 月現在、千ドルをはるかに超えています。

故障したドライブからデータを復旧する方法

専門家が最初に試みることは、特殊なハードウェアとソフトウェアを使って、故障したドライブのクローンを空のドライブにコピーすることです。 それに成功すれば、クローン ドライブからデータを回復できます。 クローン コピーが成功しなかった場合、故障の原因 (電気的、電子的、機械的など可能性はいろいろあります) を突き止める必要があります。 ヘッドの衝突などによって、媒体が損傷している場合、ドライブを修理することはできません。 故障の原因となったコンポーネントが特定されたら、同じ作りのドライブを「ドーナー」にして問題の部品を取り替えます。 問題の部品を取り替えてドライブが機能するようになったら、データを回復します。


データ復旧のベスト プラクティスに戻る