QueTek Consulting
BBB Credited Business   VefiSign Secured
BeyondSecurity.com - Secure Site  

誤ってフォーマットされたドライブに対するストラテジー


復旧作業

File Scavenger® Data Recovery を  ダウンロードして、デモ モードで次のように実行します。

[検索対象]: *
[検索場所]: ドライブ文字ではなく、ディスク番号を選択
[検索モード]: [完全]

File Scavenger で再フォーマットされたドライブをスキャン
ディスク番号を選択する必要があります。

ファイルが見つかって、デモ モードでのプレビューが成功したら、ライセンスを購入して、見つかったファイルを別のドライブに保存します。

回復の可能性を左右する要因

ファイル システムのフォーマット

下のリストは一般によく使用されているファイル システムが同じファイル システムとして再フォーマットされた場合の回復可能性を示しています。

  • 良好: NTFS.
  • 中程度: FAT、FAT32、exFAT、HFS+、XFS
  • 不良: Ext3、Ext4、UFS1、UFS2、VMFS

異なるファイル システムに再フォーマットされた場合、回復可能性は良好なのが普通です。

下表は一般的なシナリオでの期待される回復可能性を示します。

元のファイル システム 新しいファイル システム 回復可能性
 NTFS   NTFS   良好 
 FAT32   FAT32   中程度 
 Ext 3 または 4   Ext 3 または 4   不良 
 NTFS   FAT32   良好 
 FAT32   NTFS   良好 
 Ext 3 または 4   XFS   良好 

新しいパーティションの相対サイズと場所

ドライブ再パーティションによってパーティションの数やサイズが変更された場合、回復可能性が高いのが普通です。 下にその例を示します。

元のドライブには次のように 3 つの Ext3 パーティションがありました。

Ext3, 50 GB Ext3, 50 GB Ext3, 50 GB

パーティションの変更後

Ext3, 50 GB Ext3, 25 GB Ext3, 75 GB

最初のパーティションは元のサイズと場所を維持しています。 Ext3 パーティションなので、生の回復を除いて回復不可能です。 第 2 のパーティションは元の場所にありますがサイズが 25GB に縮小されています。 元のパーティションの後半部分に保存されていたファイルは回復可能です。 第 3 のパーティションは、その開始位置が変わったので完全に回復可能です。

新しいデータ

上記の 2 つの要因に加えて、データが新しいデータで上書きされると回復不可能になります。 たとえば、50 GB NTFS パーティションが再フォーマットされた直後は元のデータのほとんどすべてが回復可能です。 ところが、10 GB (全容量の 20%) の新しいデータが新しいパーティションにコピーされると、新しいデータが元のデータを上書きするので、回復率は約 60% に下がります。 NTFS ボリュームでは、新しいデータが 1% 増えるごとに元のデータの回復率が 2% 落ちます。


データ復旧のベスト プラクティスに戻る